乗松巖の作品・略歴  松山市内設置作品  ユーモア路上観察

一般財団法人 乗松巖記念館「エスパス21」

 
 〒790-0963 愛媛県松山市小坂2-4-37  tel/fax 089-934-3621
開館時間 午前10時〜午後5時
休館日 毎週 月・火曜日 祝日は振替休み有り
    年末年始・夏季休暇、その他
展覧会は入場無料


 乗松巖の展覧会をしています      午前10時〜午後5時  入場無料

 
只今「乗松巖・彫塑とデッサン展・造 形 の 魅力 」開催中

 今年も企画展として「ユーモア路上観察展」開催します
              

2017年5月27日(土)〜6月11日(日) 午前10時〜午後5時 火曜日休館 入場無料
第15回 ユーモア路上観察展

   写真に撮られた平凡な風景も、タイトルを見てなーるほど。
   ちょっと見方を変えることで、ユーモアの世界が拡がります。
    今年も越智公行、芳野友紀、乗松毅の3名が松山市や今治市などを中心に県内を歩き、
75点の作品を展示しました。
"

 
「集団演技」芳野           「茂みを行く」越智          「自動運転」乗松

 音楽企画として毎年「東日本大震災チャリティーコンサート」を開催しています
                 コンサートの収益金は全て日本赤十字社へ寄付しています

        第17回 東日本大震災チャリティーコンサート「響・奏・想」
            2017年4月23日(日) 14時開演 入場料1,000円


                        
                                出演者
                         ソプラノ:岡田啓子 菊池絵里子 高橋 映
                         ヴァイオリン:栗田繭子 曽根友紀子
                         ピアノ:河本美音 仙波奈穂 垣生悠比子 舛田眞代
                         
                                プログラム
                         モーツァルト:ヴァイオリンソナタ K.304
                         ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ「クロイツェル」より
                         中田喜直:ひなの日は
                                                 他

         第18回 東日本大震災チャリティーコンサート「響・奏・想」
                   2017年11月26日(日) 14時開演 入場料1,000円 予定 

                                                   

 出版物

 乗松巖作品集

174ページ
26×32cm
1994年10月1日発行
25,000円
 乗松巖追悼展(図録)

27ページ
20×21cm
1998年6月18日発行
500円
 乗松巖生誕100年
    彫刻家のデッサン
40ページ
21×23cm
2010年10月発行
1,500円

ユーモア路上観察展10周年記念
 えひめ ユーモア図鑑
59ページ
21×23cm
2012年6月1日発行
定価1,200円
 
 冒険する知性
    20年の記録
141ページ
18×25.5cm
2014年10月25日発行
定価1,400円
       


アクセス


 ◆自家用車等の方は
 *松山旧市内、今治方面からは
 国道11号線、勝山通りから石手川(永木橋)を越え、歩道橋を過ぎたところの信号を左折し、最初の点滅信号を左折して2軒目

 *高松・高知・宇和島からは
 南環状線と11号線との交差点(立体交差につき注意)を旧市内に向かって進み、歩道橋を 過ぎたところの信号機を含めて3つ目の信号を 右折し、最初の点滅信号を左折して2軒目

◆伊予鉄道 松山市駅からは
 *タクシーで約10
 *郊外バスでは、川内方面行きにて約15分、南小坂バス停で下車。清家整形外科の塀に沿って西へ、カーブミラーのある4つ角を左2軒目。下車してからは徒歩2分。
 *市内循環東南線バスは、下車して徒歩10